京都・大阪の行政書士事務所 京都府全域から大阪府・兵庫県・近畿一円、事案によっては全国対応しております。
書類作成代理のエキスパート・法人設立・許認可コンサルティング 笹部行政書士事務所
    T O P
    依頼・相談
    事務所ご案内
    業務報酬額
    業務実績一覧
    業務対応地域
    業務に関するQ&A
    行政書士の事件簿
    申請書ダウンロード
    リンク

   法人・組合設立  
 株式会社設立
 NPO法人設立
 LLP設立

 全てを見る
   許認可申請  
 建設業許可
 産廃収集運搬業許可
 古物商許可

 全てを見る
   経営・民事上の書類作成  
 定款変更
 記帳代行
 契約書作成

 全てを見る
   各種手続き  
 帰化許可申請
 農地転用許可申請
 相続手続き

 全てを見る

古物商の許可が欲しい
古物とは
一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。
そして、古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。
(1)美術品類 (2)衣類 (3)時計・宝飾
(4)自動車 (5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類 (7)写真機類 (8)事務機器類
(9)機械工具類 (10)道具類 (11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍 (13)金券類 -
古物商とは
古物の売買、交換する営業(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得なければ営むことができません。
古物営業を営むため、公安委員会から許可を受けた者を「古物商」といいます。
古物市場主とは?
古物市場とは古物商間での古物の売買、交換するための市場をいいます。
古物市場の営業を営むため、公安委員会から許可を受けた者を「古物市場主」といいます。
古物競りあっせん業とは
古物競りあっせん業(インターネット・オークション)とは、インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と買い受けようとする者との間でオークション(競り)が行われるシステムを提供する営業のことをいいます。
インターネット・オークションを営む者を「古物競りあっせん業者」といい、公安委員会への届出が義務付けられています。
許可申請の窓口
古物商、古物市場主の許可は、営業所を管轄する公安委員会から取得することになります。複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。
新たに古物営業を始める人は、営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係に許可申請をして、公安委員会の許可を受けて下さい。
許可を受けられない場合
次に該当する方は、許可を受けられません。
  1. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。
    (従来は禁治産、準禁治産と呼ばれていたもの)
  2. 禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
  3. 住居の定まらない者
  4. 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
  5. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
許可申請に必要な書類

 

個人許可の申請

法人許可の申請

住 民 票

申請者本人と営業所の管理者全員

各1通

監査役を含めた役員全員及び管理者全員

各1通

身分証明書

同  上

各1通

同  上

各1通

登記事項証明書

同  上

各1通

同  上

各1通

誓 約 書

同  上

各1通

同  上

各1通

略 歴 書

同  上

各1通

同  上

各1通

登記簿謄本

 

---

 

1通

定款の写し

 

---

 

1通


古物競りあっせん業者の認定
インターネット・オークションの実施方法が国家公安委員会が定める「盗品等の売買の防止等に資する方法の基準」に適合することについて、公安委員会の認定を受けることができます。
許可手数料

古物営業の許可を受けようとする人

19,000円

古物営業の許可証の再交付を受けようとする人

1,300円

古物営業の許可証の書換えを受けようとする人

1,500円

古物競りあっせん業の認定を受けようとする人
17,000円

許可申請代行報酬額

古物商許可申請

申請に必要な書類作成・取得代行
申請代行

 31,500円〜

古物商許可申請(ホームページを使用する場合)

申請に必要な書類作成・取得代行
申請代行
URLの届け出
 42,000円〜

*申請先所轄により、ご本人様に申請、許可証の受領をお願いする場合があります。
*申請に必要な証明書類、実費ご負担願います。
*法人の場合、役員数×3,000円が必要になります。
その他
1. 古物商許可は、引き続き6ヶ月以上営業しない場合は、返納しなければなりません。
2. 許可取得後、申請時に届出た事項に変更が生じた場合は、届出が必要です。
3. 自宅で不要になった物品を、フリーマーケット等に参加して売却するだけであれば、古物商の許可は必要ありません。

お 問 い 合 わ せ
【 お問い合せ 】
※お問い合せ、お見積もり無料
営業時間:月〜土
AM9:00〜PM6:00(日、祝日休)
笹 部 行 政 書 士 事 務 所 TEL:0773−24−0180 E メ − ル
東梅田行政書士法務会計事務所(大阪提携事務所) TEL:06−6363−6328 E メ − ル

会社設立・起業支援 完全バックアップ 株式会社設立手続き
起業支援コンサルティング
電子定款対応します

NPO法人 完全代行 NPO設立を応援!
設立手続き完全代行。
NPO運営支援。
助成金申請

   電話でのお問い合わせ・各種お申し込みは
特定商取引法に基づく表示 | お客様の個人情報保護について | 本サイトのご利用にあたって